京都で生まれ、京都で育ったアラサーOLが選ぶ、味よし!見た目よし!接客よし!総合的に超おすすめ!と思える、星5を付けてきたお店をピックアップしました。

京都在住の方のお店選びにはもちろん、京都旅行の観光のお供としても、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね:)

朝ごはんにおすすめ!

coming soon…

昼ごはんにおすすめ!

Le Bouchon T Masako(ル・ブション・ティ・マサコ)

京都屈指の観光名所嵯峨嵐山のメインストリート長辻通を抜け、丸太町通に出た角にある穴場的レストラン。クチコミなどで人気となっていますが、メインストリートにある飲食店よりはまだまだ穴場的なお店なので、待ちが出ていても比較的すぐにごはんにありつけます。快活な雰囲気の女店主マサコさんが作り出す、おいしく丁寧なごはんは一度は食べてみて欲しい最強ごはん。とにかく味付けのセンスが抜群です。
また、外国人の方に配慮したごはんなども用意があり、日本人に限らずおいしいひとときを過ごせるお店です。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

さらさ3

京都の穴場的名所の三条商店街に軒を連ねるカジュアルイタリアンのお店。かなり広い空間で、のびのびとおいしいごはんがいただけます。
ディナーももちろんやっていますが、ランチがおすすめなのはセットメニューがあるから。注文を受けてから焼き上げられる、日本人が好きなモチモチ食感のピッツァは一級品。スタンダードなものからちょっぴりオリジナリティのあるものまで、日替わりだったりします。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

branche(ブランチェ)

住宅街にポツンと存在する、かなり隠れ家的なお店。こだわりと丁寧さが伝わってくるごはんは、必ず来てよかったと思えるおいしさです。
内装や食器類にも配慮が行き届いており、一種のブランドを感じることができます。素朴なオシャレさなので、男性でも特に気後れせずゆったり過ごすことができるでしょう。衣食住に関連した雑貨販売も併設しています。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

電氣食堂

予約必須のお店。
すこし贅沢と思いきや、その料理の数々から「3000円代は安い!」と思えるコース料理がいただけます。看板料理「煙」という燻した料理を含む全9品が一品一品運ばれてきます。毎月料理が変わるので、行くたびに新しい発見ができることうけあい。予約制なので客層もよく、雰囲気の良い時間を過ごせるでしょう。
予約が埋まっていない場合に限り、当日の飛び込みもOKだそう。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

ティータイムにおすすめ!

grains de vanille(グラン・ヴァニーユ)

京都のケーキ屋さんの中で、現在断トツで一番おすすめなお店です。600円代ですが、それは安い!と思わされる宝石のようなケーキたちがショーケースに並びます。
ティータイムにはすぐに満席になる席数の少なさと、遅い時間だとかなりショーケースは寂しくなり選択肢が少なくなるところが注意点。できれば早めにブランチを済ませて、開店直後に訪れることをおすすめします。季節によって変わるケーキにも注目。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

鳥の木珈琲

一杯一杯丁寧にドリップされる珈琲は、こぢんまりした雰囲気と相まって最高の癒し空間。珈琲好きなら必ず一度は訪れておきたいお店です。名物おやつのプリンと、他店ではなかなかありつけないキャロットケーキがおやつとして用意されています。当然どちらもめちゃくちゃ珈琲と相性がよく、思わず笑みがこぼれてしまいます。
4名1組までしか入店できないため若干利用シーンは限られてしまいますが、ひとりでも入りやすいお店なのでフラっと立ち寄ってみるのもアリです。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

JTRRD cafe KYOTO(ジェイティードカフェ)

その美しさ・おいしさ・健康や美容への期待感から、大阪で人気を不動のものにしているJTRRD cafeが京都にフランチャイズ展開しています。街中ながらすこし喧騒を忘れられる路地にある小さな飲食店街「三条食彩ろぉじ」の一軒。ふわふわ笑顔の店員さんがしっかり丁寧にひとつひとつアートを施してくれるので、最初から最後まで最高の体験ができます。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

たま茶

やさしい雰囲気でほっこり午後のひとときを過ごせます。
わいわい騒ぐような雰囲気ではないので、ひとりか、気兼ねない大切な人と利用したいお店です。
ハーブティー専門店なので、ハーブティーがお好きな方はもちろん、普段飲まない方もこの機会に挑戦してみてほしいほど素敵です。おやつは、自家製のシフォンケーキのみ。ふわっふわでとってもおいしいです。ハーブティーのポットサービスにはクッキーがついてくるので、シフォンケーキの気分でなくても安心。
もちろんテイクアウトもあります。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

ベルアメール京都別邸 三条店

有名なチョコレートブランド「ベルアメール」が出しているカフェ。上質なショコラスイーツをいただくことができ、高級チョコレートブランドにしてはそこそこリーズナブルな価格設定で人気が集まっています。1Fが物販、2Fがカフェ。
季節や時期によってメニューの変更も行われているので、定期的に通いたくなるお店です。おいしさとフォトジェニックを共存させた、全てを楽しみ尽くせるお店。京都の地に出店されているということで、和を取り入れたシックなお店なので老若男女気負わず利用できます。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO(ロッカアンドフレンズ パピエ キョウト)

正方形の具だくさんたまごサンドとフルーツサンドを出してくれるお店。オリジナルドリンクもなかなかクオリティが高く、和を取り入れた素朴でオシャレな雰囲気で「京都らしさ」を感じながらごはん・おやつとしていただくことができます。
たまごサンドに柴漬けや白味噌を利用するなど、和の要素も極力取り入れたい心意気が見え隠れしています。席数はあまりない、こぢんまりとしたお店なのでテイクアウトの利用も◎。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

CRICKET(クリケット)

街中からは外れますが、寺社仏閣巡りの休憩処として利用しやすい立地のフルーツパーラー。一番近いのは平野神社で、はす向かいの距離です。北野天満宮や金閣寺などもエリア内。季節ごとのフレッシュなフルーツを、パフェやフルーツサンドなど素材の味をそのまま味わえるスイーツとして提供してくれます。フルーツ三昧のスイーツとしては破格の安さで、コスパ最強です。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

大極殿栖園

言わずと知れた「琥珀流し」が名物の甘味処。老舗の和菓子や「大極殿」が出している喫茶室が「栖園」という位置づけです。お店のホームページなどは作られておらず、クチコミでしか情報を得られないという何ともアナログ感が感じられます。
琥珀流しは月替わりでフレーバーが変わっていくので、毎月のお楽しみとして通いたくなるお店です。本店・六角店と二店舗あり、各店でフレーバーは異なります。が、一部同じものを出している月があったり、人気の桜蜜なんかは本店では3月、六角店では4月に出すなど被っているものもあるため事前に確認することをおすすめします。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

本店

六角店

夜ごはんにおすすめ!

餃子と煮込み

四条烏丸交差点脇の一等地、京都産業会館が生まれ変わった商業施設「SUINA室町」の1F南西角に軒を連ねているお店です。ランチもディナーも定食の用意があり、夜利用で飲まない選択肢もアリ。リーズナブルなランチも捨てがたいところですが、今回は一品料理でちょっと一杯…と楽しむ居酒屋利用をおすすめ。
中でも鶏の唐揚げと、ラーメン屋優光の小ぶりな餃子は外せないおいしさ。癖はないのにガツンとくる旨みはまさにセンスの塊です。四条烏丸界隈で居酒屋を探すなら、迷わず餃子と煮込みへ。店名のとおり、煮込みも看板メニューです。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

有喜屋 京都文化博物館店

京都のそば処といえば三本指に入る老舗。こだわりの十割そばと、香るだけでいやされるお出汁があれば100点満点。何店舗かありますが、文化博物館展は客層が良い烏丸御池エリアにあるのでおすすめです。
また、ランチももちろん人気ですが、かしましい雰囲気になりがちなためディナー利用をおすすめ。天ぷらや丼ものなど、しっかりお腹にたまるものと蕎麦の定食がいくつもあるので、ボリューム感あり満足できるでしょう。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

雨明 イオンモール桂川店

ショッピングモールにありながら比較的客層がよく、いついっても安定感のあるおいしいステーキをいただけるお店です。鉄板で提供され、あつあつが失われることなく食べ進められるのも大きなポイント。添え物もかなり高クオリティです。
キッチンがガラス張りになっており、炎の柱を見学できるなど体験型のパフォーマンスも。数種類の部位のステーキとハンバーグから選択できるラインナップと、2~3種類を同時に楽しめる組み合わせも自由自在。海鮮焼きやお子様プレートもあります。

詳しくは以下の記事もご覧ください:)

お土産におすすめ!

coming soon…

年間100件以上食べ歩く京都人が選ぶ!間違いのないお店15選

投稿ナビゲーション


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。