「LAMARCK」でいただいた、サヴァランについてレポ!どんな味?映えるの?コスパは?気になる情報を纏めてみました。

LAMARCKのサヴァラン

値段

600円(税別)

商品説明

ラム酒シロップをひたひたに浸したサヴァランを食べやすくヴェリーヌ仕立てにしました。

(店内ポップより引用)

サヴァランって?

フランスの焼き菓子。ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やし、ラム酒やキルシュをかけて生クリームや果物で飾りつけたものである。またはブリオッシュ生地を直径18 – 23センチメートルのドーナツ形の型に入れて発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたものである。

Wikipediaより引用)

ヴェリーヌって?

脚のないガラス製の小さな器を呼ぶのに使われる言葉で、飲み物ではなく、液状または固形の料理(前菜、メイン、またはデザート)を入れた一品の名称でもある。

Wikipediaより引用)

食べてみた感想(レポート)

ラム酒のキリっとしたアクセントと濃厚な香りが、程よい甘さの生クリームとカスタードクリームを引き立てて統一感を持たせています。サヴァラン生地はシロップでひたひたになっているので柔らかな食感で、あまり他では食べたことのない、しかし絶対的においしい初体験をさせてくれます。

見た目

ヴェリーヌ仕立てですっきりした印象と共に、2種のクリームとサヴァランの層が美しく見えて、見た目から非常に楽しめる一品です。

総評

お酒を取り入れることで後味をすっきりさせており、これはまた食べたいなと思わせてくれるのでオススメできます。なかなか他のパティスリーでは出会えない、不思議で創作性の高い一品。ただ、好みはちょっと分かれるかもしれません。お酒がきいたスイーツは苦手という人には、ほぼ間違いなく合わないと思います。

お店情報

「LAMARCK(ラマルク)」ってどんな店?

別記事でお店への総合的なおすすめ度を纏めてあります!
清潔感・接客態度など「味」以外にも気になるトコロや、他に実際に食べてみたor飲んでみたメニューについても並んでいますので気になったらぜひチェックしてみてください♪

LAMARCK サヴァラン

投稿ナビゲーション


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。